2006年07月19日

七蔵

今日はビックサイトで開催されたInternational Fashion Fairに行って来ました。
株で5億円儲けて、自分のお店を開くことが目標のテン子さん、仕入れ先リサーチに同行させてもらいました。
売るモノは色々あるということが分かり、モチベーションが上がった!!とテン子さんは元気いっぱい。

帰りに、師匠オススメの稲庭うどんのお店へ行って来ました。
一歩足を踏み入れただけで、オヤジ色満載な新橋駅前ビル1号館の2階。
このビル、入ると本当にニオイが違います。
しかし、改装したというお店自体は女性も気軽に入れる明るさなので、ご安心を。
   【師匠よりコメント】
新橋でバリュウ一番はイナニワうどんの七蔵゜1000円の少セットでイナニワのざる゜これを味噌仕立の鴨汁でつけめんにする゜それに鮪中落ちの少人数ドンブリがつく゜どちらもハイレベル゜キムチ風白菜の漬けもうまい゜夜の4000円のコウスもロウストビィィフありあらだきありで極めてリィィズナブル゜


「少人数ドンブリ」とはおそらく「小どんぶり」と思われます...(^^;A

稲庭うどん 七蔵特製スープつけ麺 1000円

nanazo.JPG


大1,100円、中 900円、小 700円 (胃袋サイズ普通の人は『小』で十分です)
ミニどんぶりセットは+300円

つけだれは何かの肉でダシをとったのか...私にはチーズのような風味に感じられました。何ダシか気になって気になって仕方なかったのですが、師匠メモを見たら、「鴨汁」とバッチリ書いてありました。

トレーとともに進んでいく学食スタイル。
丼、漬物、つけ汁をもらって、最後にうどんざるを置いてもらうと、お店のオジサンが席まで運んでくれます。お客が大きなトレーを持って、まごまごせずに済むという全く無駄のないシステム。

稲庭うどんというと、水天宮の古都里を思い出します。
どちらかというと質より量を求めていた3年前の記憶では、ざる1人前が恐ろしいほど少ないという印象が強いです。女性でもざる2枚は必要。
他の人のグルメBlogを見ると、うどんのシコシコ具合が絶妙と書いてあり、自分の成長を試すべく、再挑戦してみようかなぁなんて思ってしまいました。
昔見た映画も今見ると全然違う、そんな感じになるかしらん♪

店名:七蔵 (ななぞう だと思ってたら、ななくら だったみたい)
住所: 港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2F
電話: 03-3571-5012
営業時間: 10:50 - 15:30 / 17:00 - 22:00
定休日: 土曜・日曜・祝日
posted by アイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | バリュウB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21865967

この記事へのトラックバック

ランチ「稲庭うどん 七蔵特製スープつけ麺+ミニどんぶりセット(中)」七蔵@新橋駅前ビル1号館・新橋(汐留)
Excerpt: ワタクシ、かなりの麺好きです。 前々からうどんをリクエストされていたこともあり、今日は稲庭うどんが 食べられるお店をセレクト。 新橋駅前ビルの2階にあるお店。 ランチタイムはかなり混みそうなので、..
Weblog: 美味食楽 ~ ランチ・日本橋・横浜・イタリアン ~
Tracked: 2007-03-14 23:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。